和歌山旅行

私の念願が叶い二人の娘との三人で和歌山へ旅してきました。
勝浦駅からタクシーを貸し切って 先ず那智の滝に案内されました。
natitaki.jpg

数年前にも同級生との旅行で訪れていますが、また母娘とは気分が違います。
末娘は初めてのことなので、見るものが珍しく??子供のようにはしゃぎます。
nati.jpg
二人の娘に囲まれて??  ちょみっと幸せかな~??(^^)

勝浦の??なまりのある話し方で案内してくださった運転手さんが面白い!
滝壺までに熊野古道大門坂を通りましたが、サスペンスで見た事があるな~
   飛龍神社境内の入り口 
180519.jpg

神社から下りの石段です。  この石段を娘達と同じ速さでついて行きましたが
息がきれました・・・薄情な娘たち・・母を労わってくれ~~~!!!
180519-2.jpg
でも~帰りはもっと辛かったです   フーフー言いながらついてゆきました。


風の向きによってしぶきがかかる(滝しぶきがかかったら良い事があるとか?)
180519-03.jpg

この那智の滝の落差は、133㍍ ・・ 高さ水量ともに日本一だそうです。
目の当たりで見る姿は圧巻で感動します。  
大晦日にはライトアップも行われるそうです。

180519-1.jpg

個人では中々わからない場所にも案内してくださり親切なドライバーでした。
勝浦漁港から、この船で渡るのですが玄関口までタクシーをつけてもらいます。
ホテルについて一服したら新鮮な料理に舌つづみ…温泉のはしごをします。
180519-4.jpg
温泉好きな長女が ‘温泉スタンプラリー’ をし・・・温泉の素をゲットでした。
神秘的な洞窟温泉 ‘忘帰洞’ や ‘玄武洞’ など五ヶ所も巡りました。
続きをまた明日 載せたいと思います。








スポンサーサイト

蒸し暑いですね!

昨日~今日と大変に蒸し暑く、まるで梅雨を迎えたような不快感です。
仕事中にかく汗も、サッパリとはいかず体調に支障をきたしそうです。

そんな中、大変ショックなニュースが飛び込んできました。
西城秀樹さんの訃報を知り・・ただただ驚き悲しみでいっぱいです。
心に残る歌もあり、今はご冥福をお祈りするばかりです。
180513-6.jpg



明日香の方では まだ田起しもされていませんが、場所によっては
もう田植が済んでいるところもあり 朝夕の水田への映り込みを期待しては
あちらの田・・こちらの田んぼ・・と、カメラを引っ提げて忙しくなります。
180513-4.jpg

早くも 蛙の合唱が聞こえていました。
そのうちに我が町内の周りの田でも賑やかになることでしょう~!
180513-5.jpg
そうして~嫌な梅雨の時期がやってく来ると思うと 気分が滅入ります。
この爽やかな時期を思う存分 楽しんでおきたいと思いますね~!

土曜日から二人の娘との旅行に出かけてきます。
天気は不安な予報になっていますが、女三人の賑やかさで晴れさせましょう~!
海の近くです・・海鮮料理を楽しんで来たいと思います・・気分は上々です。








鏡のような水面

奈良県宇陀市 標高530㍍の地にある、龍王ヶ淵は、自然の凹地に
水がたまった池なんだそうです。
180513-1.jpg

湖面に映る新緑がとても美しく・・・この日は曇り空でしたが風がなく静か!
180513-0.jpg

北西南の三方が山で囲まれ…東側は泥土で埋まりヨシ原で湿原になってます。
見る場所によって景色が変わるのも魅力の一つですが、『釣り禁止』 に
なっているのに、釣り人が数人やってきたので波紋が広がり早々に引き上げ!
180513-2.jpg

神秘的な景色の反対側は杉の木立が広がります。
『ジーガ・ジーガ・ジーガ・・・』  春蝉の声を聞くと~~夏近しですね~!
180513-3.jpg

この日は、釣り人が来る前に~と言うことで4時出発で5時着でした。
でも30分もしないうちに釣り糸で波紋が広がり始めましたね~(><)

早朝に出ても好きな事には疲れも感じないようで、気分は爽快でした!
自然との触れ合いって素晴らしいですね、朝の空気感が嬉しいです。




母の日

久しぶりの大雨で ちょっと肌寒い~締め切って丁度いいです。

昨日は長女がカーネーションを持って来てくれて一緒に夕食を~!
今日は次女が ‘薔薇の香りのフラワーソープ’ を運んでくれました。
甘い薔薇の 強~い芳香が部屋中に漂っています。
あまりにも可愛らしいので入浴に使うのは勿体ないから待ちます。

   180513.jpg
チケットは息子から~の、顔エステのプレゼントです。
使用期限は来月中 ・・・ 疲れた時に行って リラックスして来よう~っと!



これは先月に~名古屋の友人から贈られてきました。
『いつもお世話になっているから…使ってもらえたら幸せ~』 って・・・
何もお世話なんてしていませんが、その想いがとっても嬉しかったです。
宇野千代さんのスカーフとハンカチです。
今度の…娘たちとの旅行に使わせていただきます・・・楽しみだな~
淡く優しい~色合いが嬉しくて 幸せな気持ちにさせられています。
180427-1.jpg
Kさん ありがとうございますね~

外は 警報まで出ているくらいの大雨ですが、気持ちは晴れマークです 



スイーツな薔薇

甘い香りに包まれたお寺の境内に 多種類の薔薇が咲き始めました。
ハラハラと花びらが舞い落ちるのもありますが、まだまだ蕾が多い!
           
          ( 全て コンデジ撮影 )

180506-0.jpg

『こんにちわ』  頭上に~甘い香りが降り注ぎます 

180506-2.jpg

どこでも咲いていそうな小さな薔薇ですが、とても可愛らしい咲き方です。
180506-3.jpg

                やわらかな  こんな清楚な色合いが好きです。
             180506-1.jpg


そして~今年もいただいてきましたよ!  薔薇アイス
お口の中に薔薇の香りがふわ~~~っと 幸せ~~~

180506.jpg
花びらも食べちゃいました(*^∀^*)
こんな 些細なことが嬉しい~中高年でございます。



水の美しさ

瀞峡に行くまでに、幾つかのダムを通ります。
沢山の車が停まっている場所の下は釣り人の ‘縄張り’ ?
ボートを出して釣り糸を垂れて・・そののどかさがいいですね~
180505-0.jpg

水鏡のように 胸がスッとするような景色です。
新緑の美しさを より一層引き立ててくれるほどに凪ぎで静かな湖です。
180505-1.jpg

この右横では、沢山の家族連れがテントを張ってキャンプしています。
その賑やかな声を気合とし・・・吊り橋を渡ってみようと挑戦するけれど・・・
やっぱりダメでした・・・(><) 足がすくんで前へ進めません 『怖いよ~』
180505-2.jpg


帰り道  こんな光景を目にし ・・・ この島??に名前を付けてみました。
    『 おむすび山 』    なんてのは  どう~~???
180505.jpg

今回はちょっと遠出をしましたので 目に映る景色は新鮮でウッキウキ
たまには いいもんだな~と
運転手さんの気持ちも考えずに一人ほくそ笑んでいましたっけ(笑)
でも 『秋にもう一度 連れて行って下さい』 と予約しておきました。

新緑 と 深緑 を堪能してくださいましたか? ありがとうございます。


瀞峡の続き~

断崖絶壁の景勝地に 凛然と佇む食堂・喫茶 『瀞ホテル』 です。

ホテルと名前がついているのに、何故 食堂・喫茶だけなの?と思ったら~
以前は100年以上続く老舗旅館でしたが一度閉館し5年前に先代の息子さんが
食堂・喫茶として再開したのだそうです。
180505-12.jpg
下船して上がって行ったら、開店を待っているお客が並んでいました!


瀞峡は北山川の上流から、奥瀞  下瀞に分かれています。
特に下瀞は巨岩・奇石が並び荘厳で美しく親しみを込めて ‘瀞八丁’ と
呼ばれているそうです。                     (どろはっちょう)
180505-4.jpg

ここからは~~~奇岩  巨岩を紹介??? します。
獅子岩 だそうです。     ライオンの顔のように見えますね~!
sisiiwa.jpg

そして  ‘狛犬’   船頭さんが説明をしてくれます。
komainu.jpg

‘亀石’ ですって ・・・ ほんとだ~~亀が横向いてる~~~!
kameiwa.jpg

そして・・‘滑り岩’ 左の小さな岩は元々が右の岩の頭部分だったようで・・・
淡路大震災の時ずれ落ちて このような形になったとか、震災の恐ろしさを痛感!
suberiiwa.jpg

岩に咲く ‘イワツツジ’ です。 蕾が多いですが開いたら見応えありますね!
180505-6.jpg
反対側の岩には もっと咲いているツツジがありましたが、届かない!


大自然が作り出した 神秘的な峡谷 ‘瀞峡’の風景は雄大でした。
180505-7.jpg

初夏には、青々とした新緑 ・・・ 秋には色鮮やかな紅葉を見る事が出来る
観光目的の瀞峡めぐりのウオータージェット船のツアーもあります。
ただ景色を眺めるだけならツアーの参加が、この美しさを手軽に堪能できる
手段ではありますが、やはり写真も撮りたいので又、この舟にしたいです。



プロフィール

れいちゃん

Author:れいちゃん

日々の撮影の様子を記録しています

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード

QR