奈良公園へ

夕べの雨は並じゃなかった…と、言うことは~??
きっと霧が深くて…最高の撮影日和になるな~と期待していた。

奈良に着くまでは、平野部も霧に包まれていて…ワクワクでした。
先ずは…湯気が立ち、浮かびあがる浮見堂から撮ることにして…

    しかし・・・湖面からの湯気はあがりませんでした。
141130.jpg
そのうち、お堂は斜光をあびて…幻想的な姿を見せてくれました。
  お堂の屋根から・・湯気が上がります…いい感じでした。
141130-0.jpg
紅葉を手前に・・・差し込む光に浮かぶお堂は 神秘的でした。
141130-6.jpg
カメラマンが10数人居ましたが、次から次とやってきます。
中には、何やら独りで小言を言いながらシャッター切っている人もあり…
期待にそえなかったのでしょうか…ず~っと文句が聞えていました。
      141130-5.jpg
浮見堂ばっかりですが、雰囲気を変えて撮ってみました。
141130-2.jpg
       撮影時間は、7時30~8時までの間です。

スポンサーサイト

いい日

暖かい一日でしたが、雨と思えば晴れてきて…
急に曇ったと思うと土砂降りになる…の繰り返しの一日!
気分は、鬱陶しいはずですが…いい気分の日でした。

何故???ってですか??  それはね?
母の形見分けとして箱が送られてきたのですが・・・
その中には、入所中に買って行った小物や服や靴など・・・
母との思い出がいっぱい詰まったものばかりが入ってました。
その一つに‘ボアの室内履き’があり…今私が履いてます。

来ていた娘が、それを見て 『アッ…婆ちゃんや…』 と言い…
懐かしい母の話で盛り上がり…泣いたり笑ったりで過ごしました。
娘たちは帰っていきましたが、今…温もりに浸っています。

アルバムを開いて…動画を観て…今 母と一緒です。
今日はとってもいい日…夢で ・ ・ ・ 逢えるといいな…

141127.jpg



逢いたいな・・

枯葉まいちる 陽だまりの恋しい季節に
ふと  あなたの姿を想い浮かべては溜め息ひとつ…

赤や黄色やオレンジの 錦織りなす秋の風情に
つくる笑顔は どこかぎこちなくて・・・

やさしく語りかける その笑顔にふれるとき
愛しいこえが聞えたような・・・『頑張らな…』

今夜は夢で逢えるかな? 
いつでも ・・・ いつでも逢いたいよ母ちゃん☆
14-11-02.jpg


京都タワーより

嵯峨野  常寂光寺  大覚寺…と紅葉を求めて心を癒し…
帰りは 駅でのライトアップを楽しむことにしました。

大階段中央辺りから…ライトアップされた京都タワーです。
141123-41.jpg

夕暮れが迫る前に、タワーに上がることにしました。
タワーのマスコット  『たわわちゃん』  です。
tawa-.jpg

昼に散策してきた、嵯峨野辺りを眺めたりしていると
随分と遠くまで行ってきたんだな~と思いましたね~!
東寺の五重塔が霞んで見えました。手前下は新幹線が走っています。
touzi.jpg
遠くに、伏見桃山城も見えましたが、小さすぎました

そして大階段下のイベント会場では、ダイナミックなクリスマスツリーが

141123-39.jpg
大階段の一段・一段には電飾がされ 真下から見ると
トナカイがサンタさんを乗せて走るように流れていくのですが…
段に座る人の多さで電飾自体が見えない状態になっていました。


大覚寺へと…

大河内山荘 ~ 常寂光寺へと紅葉めぐりの観光をし・・・
大覚寺へは、近くの 落柿舎前を通って行きます…柿が鈴生りです。
141123-28.jpg


そこから歩くこと約40分…大覚寺へと移動しました。
正式には、旧嵯峨御所大覚寺門跡と称し、嵯峨御所とも呼ばれます。
時代劇は勿論…各種ドラマのロケ地としても有名なんですよ

先ずは 大沢池からの景観です…夏には蓮池となるようです!
141123-37.jpg

小倉山の方向に建つのは、心経宝塔です。
141123-35.jpg

モミジの間からも眺めてみました。 左下に見えるは、護摩堂です。
141123-36.jpg

落葉の上を歩きながら 池の周りを散策していると ハラハラ
風に踊り…髪に 肩に舞い降りる枯葉は…素敵なアクセサリー
『カサカサ・・・』  踏みしめる音は心地好く…口ずさみたくなります。 
141123-33.jpg



大沢池北岸に建つ 『護摩堂』です。裏手は心経宝塔前の広場になってます。
この護摩堂は、時代劇ではよく使われる場所・建物です。
暴れん坊将軍や鬼平犯科帳…長七郎江戸日記などなど・・・
舟の中で悪巧みが行われたりする ‘屋形舟’ も係留されていました。
     『越後屋…お主も悪よの~』 
そんな言い回しを再現するように眺めていると…面白い散策になります。
141123-43.jpg

10数年前に訪れたとき…忍者のロケをやってたっけ…思い出していました。






常寂光寺へ

大河内山荘の散策後は…赤い毛氈に腰掛けて~
抹茶とお菓子をいただきながら足の疲れを癒しました。

次は トロッコ嵐山駅を眼下に見て常寂光寺へと移動します。
141123-20.jpg
山門をくぐると、このように人並みが途切れることはありません。
141123-27.jpg

階段脇の苔の上は、星を散りばめたような真っ赤なモミジ…
『上ばかり見ないで…下も見て…』 と言わんばかりに綺麗
141123-21.jpg

鐘突き堂から…覗き見で撮りましたが…外人さんが台に上り
中々下りてくれず…気長に待ちました…珍しいのかな~?
141123-25.jpg

散りモミジもまた美しく・・・風情がありますね~素敵です。
141123-22.jpg

紅葉ばかりですが、力強さを感じましたのでカメラを向けました。
141123-18.jpg

常寂光寺の心打つ紅葉に未練を残しながら、次は大覚寺へと移動です。


山荘最高からの眺め

大河内山荘…道順路に沿って歩いていますと、その美しさに
感動のあまり言葉も出ず溜め息ばかりです。
141123-3.jpg

141123-8.jpg

建物は ‘大乗閣’ はるか向こうの山は 小倉山です。
下を流れるのは保津川…トロッコ列車の警笛が聞えてきます。
141123-11.jpg

展望台からは遠くに比叡山…その手前下に ‘仁和寺’ の塔が見えます。
141123-14.jpg

比叡山から少し右に…徒然草ゆかりの ‘双ヶ丘’ を眺めることが出来ます。
                        (ならびが丘)         
141123-15.jpg

落葉にも風情を感じますね~しっとりとした石段に時折 木漏れ日が…
     141124.jpg

明日は 常寂光寺の紅葉をアップしたいと思います。

嵯峨野散策

気温…20度…初夏並みの暑さでした。
今日は、嵯峨野・大河内山荘と大覚寺へ紅葉狩りです。
連休の真ん中とあって、今までにない混雑でした。
竹林を通りましたが、人が多く…カメラを向けられません!

先ずは、大河内山荘庭園から~
141123-1.jpg

この大河内山荘は、名優・大河内傳次郎が古都の霊峰に魅せられて
生涯をかけて こつこつと築きあげたものです。
141123-0.jpg
64歳で逝去されるまで30年の歳月に渡り映画出演料の大半を、
この庭の創造に注ぎ込んだ…そうです。
141123.jpg

向かって一番左が、大河内傳次郎…懐かしいお顔です。
141123-16.jpg
141123-17.jpg

庭は借景庭園で、四季を彩る桜やモミジに包まれます。
141123-7.jpg

ここの紅葉を見れば、他に行かなくても満足できる、と言っても過言でない
と思うくらい鮮やかで美しい…私のお気に入りの庭園です。
141123-4.jpg

時折 雲に覆われますが、汗ばむくらいの良い天気です。
141123-2.jpg

大河内山荘の入山料には、抹茶とお菓子がついています(左)
お昼に お蕎麦をいただいたお店どす~京都らしいおすな~!
mini.jpg mini-0.jpg







自然文化村へ

かやぶきの里から、美山町自然文化村へは約2キロ…
心地好い暖かさ…お喋りしながら歩いていると汗ばむくらいです。
由良川の水の綺麗さ、と 色づく木々の美しさに心奪われます。
141119-7.jpg

桜…立ち姿が美しい~と友人が勧めるものだから…カメラに収めました。
141119-6.jpg

桜紅葉も美しいけれど…モミジの鮮やかさには感動しました。
141119-5.jpg
『空気が綺麗だから、こんないい色に染まるんじゃない??』
友人は何を見ても、まるで少女のように歓声をあげて感動するんです。

141119-8.jpg
由良川にかかる ‘蔵王橋’の上から撮りました。
橋の真ん中に外人の団体が居てカメラを構えて動きません…
仕方ないから、‘橋の端’ から ・ ・ ・ 電線が入ってますがな…(><)


時間は12時半過ぎ…お腹を満たしに食事処を探します。
やっと一軒見つけたのは 『料理旅館』 でした。
『食事だけですが…宜しいですか?』 と恐る恐る聞きます。

玄関の大広間には暖炉がありました。
141119-9.jpg

宿泊客の部屋を一室空けて…すでに4組の先客がいました。
二人が注文したのは 『京地どりすきやき御膳』 です。
ranti.jpg
すき焼き鍋の中は、歯ごたえも味も抜群の地鶏が…美味しい~!
帰りに立ち寄った ‘道の駅’ で地鶏だけ買って帰りました。

帰りの京都駅の雰囲気はクリスマスムード 一色です。
『夜景を見ながら食事して泊まりたいね』 友人の言葉です。
じゃ~頑張ってお小遣い貯めなきゃね!!! 楽しみが増えました

かやぶきの里へ

昨日は近所の友人と予定していた京都・美山へ行ってきました。

ここは一年を通じ、
日本の原風景に出会える場所として人気を博しています。
この集落では、50戸のうち38棟が茅葺の屋根だそうです。
141119.jpg

美山町内には数多くの茅葺き民家が現存しています。
民家の中には、民宿あり食事とお土産の店があったり・・・
きび工房や米粉パンやさん…民族資料館…カフェギャラリーなどもあり
中でも藍染の店 『小さな藍美術館』 は人気のようでした。
141119-0.jpg
苔むした茅葺の屋根と 色鮮やかなモミジがよく似合います。
141119-1.jpg
駅からバスで約一時間…道中は小雨が降っていましたが、
バスを降りて散策する頃には止んで晴れ間さえ見られました。
二人で 『さすが~晴れ女~日頃の行いやね~』 って喜ぶことです

141119-4.jpg

この屋根は、杉の皮を敷いてから茅で葺いているようです…凄いです!
141119-2.jpg


屋根の葺き替えをしていました。 来年の三月までかかるそうです。
黒いズボンを穿いているのは、女の子です…頑張るな~
141119-10.jpg

約一時間の散策の後…自然文化村へと足を運びました。
また明日…アップしたいと思います。

プロフィール

れいちゃん

Author:れいちゃん

日々の撮影の様子を記録しています

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード

QR